法律 プライバシーの侵害関連情報

プライバシーの侵害で初めて訴えることができるようになるには

よく芸能ニュースでありもしない情報を流されて、そのような情報を流された芸能人が激怒するということがあります。
そのようなニュースをテレビや雑誌などで見た視聴者のなかには「怒るのであればプライバシーの侵害として訴えれば良いのに」という人がいたりします。
もちろん訴えることは場合によっては可能となりますが、実はそう簡単に訴えることができるかといえば、そうでないことが多く会ったりもするのです。
なぜならば、もし訴えるのであればそのときに仕事や家庭など生活に支障が出てきたときに初めて訴えることができるからなのです。
なので「プライバシーの侵害だ」と感じても、そのときの生活に支障が出てこない場合は法律として訴えることは厳しくなり、訴えるのであれば証拠となるものを提出しなければなりません。
そこで生活に支障が出てくるようになれば、ありもしない情報を流した記者やその会社を訴えて慰謝料などを請求することができるようになることもあります。