法律 プライバシーの侵害関連情報

プライバシーの侵害と法律

プライバシーの侵害とは、独立した人格として存在するために、一定の私的領域の確保が必要不可欠です。
法律的にも独立した権利として取り扱われるようになりました。
裁判の東京地裁判決でプライバシーという言葉が使われてから、人格権として認められ定着している言葉です。
アメリカ合衆国の法律では、死者のプライバシー権については、遺族がプライバシー侵害を受けていない限り訴えることができないとされています。
一方、日本においては、死者の人格権侵害によって遺族自身の人格権を侵害したとして訴訟・判決に至る例が多いようです。
また、プライバーの侵害に対しての救済方法は、侵害した者に対し、不正行為に基づく損害賠償請求(民法)さらに、プライバシーが公表される前の段階で、公表しようとする者に対し、仮処分などの方法により公表の差し止めなどがあります。
裁判例によると、法的救済が与えられるためには、私生活上の事実またはそれらしく受け取られる恐れのある事柄であること、普通の人なら公表してほしくないと思う事柄、公表された人が不快感や不安を生じたことなどです。